上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「ボランティア」や「震災関連問題」に
関心はありませんか?


2011年3月11日に発生した東日本大震災。
「被災地で少しでも力になりたい。」
「二度と深刻な事故を起こさないため原子力発電について考えたい。」
「被災者と共に何かしたい。」
様々な思いと共にこのサークル(同志社大学登録団体)が生まれました。

以来,岩手県沿岸地域での瓦礫撤去や仮設住宅支援活動に始まり,福島県・宮城県のボランティア団体などへの訪問や現地学生・住民・労働者との対話、そして震災関連問題を考える学習会などを行ってきました。

そして、昨年度からは,京都市伏見区桃山の公営団地に原発事故被害の​ため避難してきている方々でつくる「みんなの手」との交流(ボランティア、お花見、etc)を進めている他、学内での講演企画(避難者、俳優、国会議員、原発設計者、原発事故収束作業員etc)にも力を入れています!

ちなみに、今年度も、「こどもたちの夢の夏プロジェクト」にボランティアとして参加しました!(これは、京都に避難している福島の子どもたちが、離れ離れになっている友だちや家族と、京都で再開するプロジェクトです。)

新規メンバーを募集中です!新入生はもちろん、何回生でも構いません。
あなたの被災者支援や原発問題に対する思いを、活動に変えてみませんか?

サークルへのお問い合わせはお気軽に dgnet311@live.jp まで。


このブログには,2011年秋以後の主な活動を掲載しています。

なお,3.11同志社学生ネットワークは,3.11関西学生ネット阪大等と共に3.11関西学生ネットワークとしても活動しています。こちらのブログには、過去の被災地支援の記録がありますのでご覧下さい。



スポンサーサイト
2037.01.01 Thu l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
さて、まもなく4月。新歓期間ですね。
久々の更新ですが、この間、3.11同志社学生ネットは活動をサボっていたわけではありませんよ!

昨年度活動の総括や今年度活動方針の議論、そして福島での春合宿など、継続的に活動を行ってきました!!

今日は田辺キャンパスでのポスター貼り付け解禁日(今出川は明日!)。まもなく、キャンパス内がポスターであふれ返ります。色とりどりの楽しげなポスターの中に、私たち自称真面目系(笑)のサークルのポスターが埋没しないか、心配です。

私たちのサークルは、1年生はもちろんのこと、何回生でも歓迎します!被災者・避難者の支援活動(ボランティア)や原発の問題に少しでも関心のある方、どしどし連絡下さい!
2013.03.29 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
4/23 朝日新聞の朝刊・京都面にて私たちの署名活動が取り上げられました。先週のミーティングの後取材を受けたものです。下地記者に感謝です。

同志社大生、脱原発「1千万人の署名」参加

 同志社大学の学生らが23日正午から、新町キャンパス(京都市上京区)で、全国的に進められている脱原発1千万人署名に取り組む。東日本大震災の後、被災地を訪ねたり府内への避難者と交流を重ねたりする中で原発問題に関心を抱いた。「同世代にもっと関心を持ってほしい」との思いで動き出した。

 呼びかけるのは、昨年4月に結成されたサークル「3・11同志社学生ネットワーク」。1千万人署名は、ルポライターの鎌田慧さんらの呼びかけで始まり、現在約630万人分が集まっているという。

 メンバーは10人前後。その1人、法学部4年の森下和樹さん(21)=下京区=は震災前、原発について「電気をうみだす発電所。二酸化炭素を出さないのでよしとされている」と考えていた。転機は被災地への訪問だ。福島県で保育園職員から、子どもたちを週末だけ山形県に「疎開」させていると聞いた。「そこまでしないといけないのか」。それ以来、脱原発を意識するようになったという。

 代表を務める理工学部4年の鈴木智之さん(21)=中京区=は震災前、「日本は地震大国。いつか原発で事故が起きるのでは」と考えていた。それなのに何もしてこなかった自分に悔しさを感じてサークルに加わった。

 福島県では、子どもが遊ぶ姿がない公園を見た。簡易型積算線量計を持ち、「私たちは大丈夫」と不安を押し隠している様子だった。原発事故の「後遺症」の恐ろしさを感じた。

 商学部4年の逸見未来さん(21)=上京区=は、原発に賛成か反対か、明確な答えを持っていない。「これまでも多くの人が原発について議論をしてきた。人によって答えが違って当然」との思いからだ。

 「必要か不必要かの前に、日本はどういう方向へ進むのかを先に決めるべきだ。そうすれば原発の位置づけも決まる」と話す。署名は「原発問題を考えるきっかけにしてくれれば」との思いで呼びかけるつもりだ。(下地毅) 』

2012.04.24 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

          CIMG1394.jpg


4月7日、3.11同志社学生ネットワーク新歓企画の1つである花見を桃山城運動公園にて行ないました。
学生(新入生)に向けては原発事故の影響によって起きた問題について関心をもってもらうきっかけになればと思い、呼びかけました。避難者の方には楽しんでもらうことと、他の地域に住んでおられる方との交流の場になればと思い、企画しました。
当日は、午前11時30分にJR桃山駅に集合して頂き、〈ふれあいの会〉の西山さんに車で参加される方を送って頂きました。(駅から公園までは離れているので)。学生の参加メンバーは徒歩で向かいました。12時頃に公園に参加者が集まり、メンバーが各自で準備してきたお昼ご飯をみんなでいただきました。また、西山さんが芋煮を作ってきてくださり、おいしくいただきました。当初予定していたよりも多くの方に参加いただいたので、4つのグループに分かれておしゃべりや自己紹介をして楽しみました。

          CIMG1384.jpg


その後14時過ぎになると気温が下がってきたこともあり、数人の方が帰られましたが、再び天候が回復してきたので、芝生で体を動かしたり、ゲームをするなどして交流しました。私たち主催側ではレクレーション企画などあまり準備が行き届いていなかったのですがメンバーの協力もあり、何とか最後までやり通すことができました。最後は15時頃に解散となりました。

          CIMG1387.jpg
          CIMG1388.jpg



個人的には避難者の方に直近の問題である被災地の瓦礫の受け入れの是非や京都での生活など今後も重要な課題についてご意見をお聞きすることができ、自分もできることから行動していくことが大事であると改めて感じました。また、お子さんと一緒に参加された方からは「楽しく過ごせて、子どもたちも喜んでいたので来てよかった」とお聞きし、無事に企画を終えることができてよかったと思いました。

          CIMG1390.jpg


企画全体を振り返ると、当日の天候が少し不安定だったことが残念でした。また、参加者の間での交流はもう少し円滑に進められればもっと楽しんでもらえたかなと反省しています。
ただ、この度のお花見を通して初めて知り合った人やつながりができたので、今後の活動においてもぜひ何らかの形でいっしょに活動できればと思います。

最後になりましたが参加して頂いた方、企画の運営にご協力頂いた方、どうもありがとうございました。

          CIMG1396.jpg






2012.04.10 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
私たちが円山公園の会場で訴えた避難者の「住宅無償期限」の問題も取り上げられています。

朝日新聞デジタルより(朝日新聞3/11付朝刊の京都面にも掲載)
http://mytown.asahi.com/kyoto/news.php?k_id=27000001203120004

「「バイバイ原発」に6000人
2012年03月11日

■心に「3・11」 東日本大震災1年■

 脱原発を訴える催し「バイバイ原発3・10京都」が10日、京都市であった。主会場の円山野外音楽堂(東山区)は人であふれ、市役所に向けて約6千人(主催者発表)がデモ行進した。


 集会では、41年前から原発の廃絶を唱えてきた京都大原子炉実験所助教の小出裕章さんが、「一人ひとりが個性を発揮し、原発を廃絶に追い込みたい」とあいさつ。「この空がつながっている福島では放射能で大地が汚されている」とも語り、拍手が送られた。


 女子高校生らの「社会派」アイドルグループ「制服向上委員会」は「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」を披露した。歌手の橋本美香さんは、ふるさとを追われた人々の悲しみを「私が育ったこの家にもう戻れない」との歌詞で歌った。


 集会の呼びかけ人の1人、長谷川羽衣子さんは「脱原発を成し遂げ、再生可能エネルギー中心の社会を実現するということで、心をひとつにする」との決議を読み上げた。


 音楽堂がある円山公園ではこの日、多様な関連の催しが開かれた。自由に思いのたけを訴えるコーナーでは、福島市から京都市へ2歳の長女と避難している西山祐子さんが「原発に無関心だったツケは大人だけが払えばいい。2歳の娘には何の責任もない」。被災県から他府県に避難している人たちと交流しているという大学生は、公営住宅の無償入居期間が2年間とされていることについて、「延長させることが京都に住む私たちの責任だ」と話した。


 国会議員も参加。平智之衆院議員(民主)は「若狭湾の原発に、もしものことがあれば琵琶湖が汚染される」、穀田恵二衆院議員(共産)は「原発事故は人災だ」と語った。」
2012.03.13 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。