上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日、京都大学の大学祭(11月祭、NF)期間中の11月24日に京都大学の被災地支援団体さんの呼びかけで、昨年の3.11以降被災地と関わりのある活動を行なってきた学生団体が集まり、合同の報告会を行ないました。当サークルもお声をかけていただき、参加しました。
当日は、(報告順に)大阪府立大学のV‐stationさん、神戸大学の東日本大震災ボランティア支援室の方、当サークル、関西ギンガネットさん、INVESTORさん、そして主催していただいた京都大学東北復興ボランティアさんが来ていました。被災地支援に関わる団体の状況はそれぞれ個々に特色があり、多様な関わりの在り方を知ることができた報告会でした。
当サークルは、東日本から京都に避難して来られた方との関わりやサークルとして原発問題に取り組んでいる事を紹介しました。全体としてふりかえると、被災地支援で関わっている地域や対象が津波や地震の被害の大きかった岩手、宮城地域の太平洋側地域に関心を持ち続けている学生の方が多いのだなという印象を持ちました。もちろん、来ておられた他大学の方などは福島県の原発事故にも関心を持っている方が多く、当サークルの活動に興味を示された方もおられました。
報告の後は少しディスカッションも行ない、被災地支援や現地でのボランティアをする時にで重要だと認識していること、今後の活動をどのように維持していくか、などを参加者で考えました。やはり時間と共に問題が風化してしまうことや関西地域での現地との意識の差などに自分達に何ができるのかをでしっかり考えた上で活動していくことが大切だろうと感じました。
また、会場内で11月祭の期間中に被災地支援に関連した物品販売もしておられたので、当サークルが報告会の当日と翌日の2日間にわたってクローバー祭でも行なった「避難・移住者の手記」を販売させていただきました。合計8冊の売り上げとなりました。場所を提供して下さり、販売にご協力頂き、京都大学東北復興ボランティアの方々には本当にお世話になりました。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
今後は京都大学や他大学の団体さんともさまざまな場面で協力・連携して活動を行なっていければと思います。
スポンサーサイト
2012.11.27 Tue l 企画参加 l コメント (0) トラックバック (0) l top
みんなの手の西山さんが中心となり、取り組まれてきたこどもたちの夢の夏プロジェクト(詳細は http://minnanote.exblog.jp/18277757/ を見てください)に、ボランティアとして、サークルメンバーがちょくちょく参加しましたので、写真をアップしておきます。


四条河原町での募金集めです。


家族再会プロジェクトで、美山に行った時の様子です。
2012.08.18 Sat l 企画参加 l コメント (0) トラックバック (0) l top
避難者と支援者を結ぶ京都ネットワーク「みんなの手」主催の『みんなのカフェ』に参加してきました(3月3日、4日@堺町画廊)
福島市渡利地区からの避難者の方も参加されていて、1月と2月の「ぽかぽかプロジェクト」の募金集めに対して、大変丁寧な感謝の言葉をいただきました。

募金集めしてよかった。

支援者同士のネットワークも広がって、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。


※詳しい報告はこちら
http://minnanote.exblog.jp/17916849/
http://minnanote.exblog.jp/17829412/

2012.03.08 Thu l 企画参加 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。