上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先週の震災“がれき”広域処理に関するアンケートは以下の結果になりました。

DSCN8128.jpg

総数:105
賛成:54
反対:18
わからない:33

賛成の理由としては、
・被災地では処理しきれないから
・「復興」のため
・日本で起こったことだから日本人として受け入れるべき

反対の理由としては
・放射性物質の拡散をすべきでない
・自分や身近な人に被害が出る事を考えると

わからないの理由としては
・考えるための情報がない
・どの情報が正しいのかわからない
・受け入れたいという思いもあるが放射能の影響が心配

というものでした。

印象的だったのが、アンケートに答えてくれたグループの中で一人が「反対」でそのほかが「賛成」という場合が何度かあったのですが、そのとき賛成の人たちが反対の人を「自己ちゅーだな」などと批判をしていたことでした。

放射性物質の影響を心配することは悪いことではないと思うのですが、そうした不安を口にしたり、その不安を根拠に反対することができない空気が作られているのかなと思いました。

今週の金曜日15日には震災“がれき”広域処理に関するレクチャー&おはなし会を行ないます。
広域処理問題をより深く考えてみたいという方はぜひ!
詳細は上の記事で

2012.06.11 Mon l 企画報告 l コメント (0) トラックバック (0) l top
4~5月の間、今出川キャンパス周辺で学生を主対象に「さようなら原発1000万人署名」活動を行いました。
4月は9日と23日の2回、5月は15日と24日と30日の3回、この間計5回取り組みました。
120530-124547_convert_20120606204759.jpg

私たち3.11同志社学生ネットワークが学内で“脱原発”に関する署名集めをするのは初めての試みだったので、どれぐらい集まるのか当初は見当がつきませんでしたが、5月末の締め切りまでに合計103筆(内2筆は住所の記載がなかったため無効)の署名が集まりました。
サークルメンバーは、“脱原発”の思いを持っている学生がこんなにもいるのだと、この数字を見て勇気づけられました。私たちが学内で活動することで原発について考え、思いをもっている人たちのその“思い”を具体的な形に変え、社会に反映させられるのだと活動の意義も改めて確認することができました。
しかし、署名をするに至らなかった学生もまだまだ沢山いて、その学生たちにどうやって問題を伝え・考えてもらうのか?署名してくれた学生たちにどうより積極的な活動に参加してもらえるのか?といった課題も残されています。引き続き工夫をしながら活動に奮闘していきたいと思います。

集まった署名は「さようなら原発1000万人署名・京都の会」にお渡しし、全国の集計にカウントされます。本日6/6現在で集計が終わり確認されている署名数は7,227,872筆に達しています!!(http://sayonara-nukes.org/)この署名は6月半ば頃、首相、衆参両院議長に提出予定です。
署名にご協力いただいたみなさんありがとうございました!

しかしながら現在、大飯原発再稼働が目前というところまでせまり、緊迫した情勢をむかえています。それでも全国の多くの人たちがこれに負けじと再稼働に反対する大きな声を上げ続けています。今が正念場です!脱原発を実現するため、私たち一人一人が「大飯原発を再稼働させない!」という思いを社会に見える形で具体的にアピールしていくことが大切です!
ブログにも具体的な活動をこれから提起していきます!一緒に頑張っていきましょう!
2012.06.06 Wed l 脱原発アクション l コメント (0) トラックバック (0) l top
6月4日(月)昼12時以降、新町・今出川キャンパスで震災“がれき”広域処理に関するアンケートを行ないます。
こんなボードを持った2~3人組が徘徊していると思うので、声をお掛けした際はぜひご協力お願いします。

DSCN8127_20120601184700_convert_20120606141902.jpg

6月15日(金)18時30分からは、
震災“がれき”広域処理に関するレクチャー&おはなし会を開催します。
@新町学生会館628会議室

詳細は後日!

2012.06.01 Fri l 街頭行動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。