上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
久しぶりの更新となります。
今年の8月の夏に行われた「子供たちの夢の夏プロジェクト」の報告をしたいと思います。
毎年関わらせていただいてる子供たちの保養キャンプで、京都に避難してきた子供たちと福島の子供たちを再会して、子供たちの心の成長を養うものです。毎年参加しているのでどのような趣旨なのかはお分かり頂けていると思います。
今年は京都の京丹後で宿泊を行いました。今年から新しく加入してくれたサークルのメンバー2人と合わせた計3人で参加しました。
ここからは新メンバーの参加の感想等を乗せたいと思います。

一回生 森田
子供たちの夢の夏プロジェクトは想像以上に参加者同士の距離が近いキャンプでした。4日間はとても楽しく、私たちボランティアにとってもいい夏の思い出となりました。子供たちの目線になって話す、まんべんなく目を配る、といったことを心掛けつつ、感謝することや、素直になることの大切さを子供たちから学び直しました。一人の花火から数人の花火が灯り、子供たちの嬉しそうな顔が一斉に照らされる様子はとても印象に残っています。参加させて頂けて本当に良かったです。

二回生 谷
わたしは2日間しか夢夏に参加できておりませんが、その中でも印象に乗っているのは、子供たちと一緒に海水浴に行った時のことです。子供たちが泳いだり、岩場で遊んで楽しんでいる姿を見ていると、こちらも幸せな気持ちになりました。一方で、2日間しか参加できないので子供たちと深く関わるように努力するべきだったと感じました。いずれにしても、子供たちの笑顔をたくさん見ることができたので、私自身参加してよかったと思っています。

後輩二人にとって思い出となるボランティアとなったのなら、私自身も幸いです。福島の子供たちはいまだに満足のいくような生活(海水浴のような)を送れていません。今後このようなボランティアに継続的にかかわっていこうと思います。

文責 奥
スポンサーサイト
2014.09.09 Tue l 企画報告 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。