上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
被災地から京都桃山団地に避難されている方たちで構成されている「ふれあいの会」に関する行事参加の報告です。

・2011/11/19
-原発に関する講演会-
場所:東山いきいきセンター
参加者:4名

琉球大名誉教授、矢ケ崎克馬さんによる「内部被ばくの深層を語る」と題した講演会に行ってきました。
ふれあいの会の西山さんもパネラーとして参加するとのことで、講演に聞きに来るお母さんたちのお子さんの託児をしてもらえないかとの依頼を受け、今回は託児メインで参加してきました。

1歳ぐらいの子から小学校低学年の子まで、十数人の子どもたちがいました。

なかなか小さい子と触れ合う機会がなかったので、とてもいい体験をさせてもらいました^^

さまざまな歳の子がいたので、それぞれの年齢での成長の過程を、直接見ることができたと思います。

講演会はあまり聞くとこはできませんでしたが、資料をいただき、内部被ばくの実態について知ることができました。



・2011/11/12
-芋煮会-
場所:京都桃山団地 
参加者:6名

芋煮会に参加してきました。
主催は被災地支援団体「一歩の会」さんです。
その他、宮城県人会さん、龍谷大学・立命館大学・同志社きゅうたなべ倶楽部さんなど、多数の支援団体の方が来ていました。


まず、龍谷大学の方と一緒に落ち葉掃きを行いました。

その後、芋煮の時間になり、芋煮がふるまわれました。

芋煮とは東北の郷土料理で、今回はしょうゆベース・豚肉の、福島風芋煮でした。
(芋煮の詳しい説明は↓を参考に)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%8B%E7%85%AE%E4%BC%9A


芋煮に続いて、宮城県人会の方によるマジックショー。

リアルにあっと驚くような手品が間近で見れました。


また、針きゅうマッサージ師の松岡さんからのギター弾き語りで歌のプレゼントも送られました。

曲は、「福島県民の歌」と、福島出身のミュージシャンによって作られ、震災後福島のラジオで頻繁に流れているという、「I love you&I need you福島」の二曲でした。
(I love you&I need you福島の詳しい説明↓)
http://ja.wikipedia.org/wiki/I_love_you_%26_I_need_you_%E3%81%B5%E3%81%8F%E3%81%97%E3%81%BE


その後は、避難されてきた方、以前府営住宅に住み今も近所で府営住宅を見守り続けている方、立命館大学、きゅうたなべクラブの方などと語り合い、お開きとなりました。

避難されてきた方は、福島を中心に東北から避難されている方が多く、大半が小さいお子さんを連れたお母さん方でした。

私が話を伺った方は、沿岸部で津波の被害を受けて避難されてきたのではなく、福島市・郡山市といった内陸部から、放射能汚染を受けて避難されてきた方たちでした。
関連記事
スポンサーサイト
2011.11.24 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://311doshisha.blog.fc2.com/tb.php/5-d80e5897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。