上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
CIMG1965.jpg

今年の3月に行なった福島・いわき視察の報告会を開催いたします。
福島第一原発の収束作業や除染労働など、被ばく労働に焦点をしぼった報告をさせていただきます。




▼日時
6月26日(水)18:30~20:00

▼場所
今出川キャンパス良心館4階RY419教室

▼問い合わせ
dgnet311@live.jp(3.11同志社学生ネットワーク)

※入場無料


CIMG1943.jpg

 私たちは今年の3月に福島県いわき市を訪問しました。福島第一原発の収束作業や除染作業をされていた方、またそれら被曝労働をされている方の労働相談をしている労働組合の方の話を聞きました。大量の放射線を浴びながら正確な線量を知らされない、多重下請け構造のもとで賃金だけでなく危険手当までピンハネされる、作業内容に意見を言ったら業者ごと仕事を切られるなど、総じて人間扱いされていない状況について見聞きしてきました。

 昨年2012年度、私たちは大飯原発再稼働反対運動などに参加してきました。「脱原発」をめざし「廃炉」を求める活動をしてきたわけですが、実際に「廃炉」作業を行なっている人たちに対しては、それほどの関心を寄せてきませんでした。
 作業にあたる人の安全や尊厳を守りながら廃炉を実現することは、現在作業にあたっている人だけの問題ではなく自分たち自身の問題でもある、ということを私たちはいわきで感じてきました。

 視察後、私たちはこの被曝労働の問題に対して何ができるだろうかと話し合いを続けてきました。とびきりのアイデアが出てきたわけではありませんが、少なくとも「難しい問題だね、これからも考えていこうね」という安易な結論のつけ方はしないと決めました。そして、自分たちの今できる事として、被曝労働者との繋がりを今回きりのものとしないために、自分たちにできる事が見つかるまでいわきへの訪問を継続することに決めました。次回の訪問は今年度の夏休みを想定しています。

 このたび、このいわき訪問の経験をサークル外の学生たちとも共有することを目的に、視察報告会を開催することにしました。夏休みの訪問の説明会も兼ねたものにしようと思っていますので、関心のある方は是非ご参加ください。

関連記事
スポンサーサイト
2013.06.02 Sun l 企画案内 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://311doshisha.blog.fc2.com/tb.php/59-21a17c67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。