上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
来る12月10日に講演会を開きます!!
タイトルは~原発事故被災者が『今』伝えたいこと~
時間は18:00~20:00(18:00開場―18:20開始)
場所は同志社大学今出川校地、良心館306教室です!
震災から2年半以上が経過し、被災者は未だに先行きの見えない生活を強いられています。あれから今に至るまでに被災者に見えてきたものとは?そして今、被災者が求めていること、望んでいることとは?
講演会ではご自身も避難者である西山さんに現状をお話ししていただき、避難者が抱える問題について皆さんと共に考える場を設けました。
決して私たちにとって他人ごとではない原発事故、これらの問題について少しでも関心のある方は是非ご参加ください。入場無料・予約不要です。

講演会責任者:奥健太郎(経済・2回生)Mail:bem0571@mail3.doshisha.ac.jp

西山祐子さんプロフィール
福島県福島市出身。仙台・東京で英語教師、通訳等の仕事に従事。出産を機に福島市に戻り子育ての最中に被災。震災直後に東京へ、そして2011年6月、京都に3歳の娘と父母と避難する。2011年12月に県外避難者の支援団体「避難者と支援者を結ぶ京都ネットワーク みんなの手」を発足。避難者への情報発信、ニーズに合わせた支援活動、地域への発信や避難者と地域をつなぐ活動などを行う。被災地である故郷との絆づくりも活動のひとつとして取り組む。
2012年夏には、京都の支援団体とともに、「こどもたちの夢の夏プロジェクト実行委員会」を結成。京都に避難している子供たちの友達を福島県から招待する「同級生再会プロジェクト」と、震災後離れて暮らしている避難者家族を京都に招待して思い出づくりをしてもらう「家族再会プロジェクト」を行い、離れて暮らす友達・家族の再会をサポートをした。
2013年5月には避難者の就労支援も兼ねて避難者と地域を結ぶコミュニティカフェ、「みんなのカフェ」をオープン。避難者が中心となりカフェを運営する。避難者の就労支援、自立支援、情報発信、コミュニティづくりの拠点にする。
2013年夏にも、同級生再会プロジェクト・家族再会プロジェクトを実施。避難している子供たちと京都の友達30名が再会を果たし、のべ100人以上が福島・京都で家族と再会した。
またこれまで、被災した経験を伝えようと各地で講演活動を行っている。

みんなの手HP: http://www.minnanonote.com
メール: minnanotekykyoto@gmail.com
みんなの手カフェの住所とアクセス :
京都市両替町4-319 京阪伏見桃山駅もしくは近鉄桃山御陵前駅徒歩2分
営業時間  月~木 9時から17時 金・土 9時~22時 日 11時から17時
関連記事
スポンサーサイト
2013.12.01 Sun l 企画案内 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://311doshisha.blog.fc2.com/tb.php/66-5d876067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。