上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
12月10日に行われた西山さんによる講演会の報告をしたいと思います。
当初のタイムスケジュール通りにはいかず、少々時間を押してからのスタートとなりました。
5限終わりの寒い時間にもかかわらず、たくさんの方々が参加してくださいました。

西山さんは初めに3/11福島で何が起こったのかを話してくださいました。当時はお子さんだけは守らなければという使命で動いていたということでした。間もなく福島第一原発事故のニュースを知りさまざまな情報が飛び交う中で、西山さんは考えている以上に今の状況は危ないと思い、数日後に福島を離れる避難の決断をされました。このお話の中で印象的だったのは、事故当時の鬼気迫る福島の状況の話と、たくさんの人が混乱に陥り、正しい情報さえあれば受けなくて済んだ被ばくがあり、それを受けてしっまった人たちがたくさんいるという話でした。西山さんはお子さんを第一に考えて行動されて結果として避難という選択に踏み切られましたが、果たして自分があの当時同じ状況に立たされたとき正しい行動をとることができるかどうか考えさせられました。

続いて事故から一か月程度が過ぎてからの放射線量、除染についてのお話をしてくださいました。当時は近所周辺が考えられないほど線量が上がり、西山さんがGWに福島に戻った時子供たちは外遊びを禁止されていることや、外行く人が一様にマスク姿で出歩いているを見て、当時の福島の異様な光景に驚かれたそうです。このお話で特に印象に残ったのは現在公園などは除染が進んで立ち入りに影響が出ない程線量が下がったが、まだ神社のようなところは除染が進んでおらず、おもに雑草などの草が伸びきったまま放置されて除染できていないとのことでした。一方下がった公園というのもそれまであった緑豊かな公園のような状態ではなく草はおろか土がむき出しの殺風景な公園の状態であり、線量は元の状態に近づいたとはいえ失ってしまったものはとても大きいというお話でした。その2つの写真を見たときのギャップは相当なものでした。

最後に西山さんが現在行っている活動についてのお話をしてくださいました。これに関しましてはブログでの案内や講演会のチラシにもご紹介させていただきました。これからは避難者も自分たちで道を切り開けていくような避難者向けの就労サービスを行っていく必要があると考えておられて、伏見桃山のみんなのカフェを皮切りに避難者がその後迫られる今後の生活の選択の時に困らないようなワークショップを展開するコミュニティづくり進めていくというお話に大変感銘を受けました。西山さんのような一歩先を考えた行動というのは私たちサークルの中でも大変勉強になりました。

最後の言葉(伝えたいこと)としてに西山さん次の3つのことを述べられました。
・震災を理解して本当に大切なことなのはなんなのか、それは日常の些細なこと(普通の生活)であった
・何事にも情報を得ることが大切、その中で自分が正しいと思った情報を選び適切な行動をしていくこと
・事故を起こした東電に対して怒りはない、それよりも今まで無関心であり続けた1人1人、自分自身に問題があった。これ以上無関心でい続けることは絶対にいけない

今置かれている現状に甘んじることなく、また福島を心から愛する西山さんのお話に最後は心を打たれました。西山さんの心からの叫びを私たちは聞きました。まだまだ西山さんには話したりなかったことがあったと思います。その点に関しましては私たちサークルの至らなかった部分で申し訳なかったと思っています。それでも会場に来てくださった方々には西山さんの声が響いたと思います。西山さんのお話を聞いて、私たちにできることというものをもう一度見つめなおし、今後もお力になれるようなことがあったらぜひ協力させていただこうと思っています。
つたない文章でありましたが、以上で西山さんの講演会の報告を終わらせていただこうと思います。
改めて当日たくさんのお話をしてくださいました西山裕子さん、またお忙しい中ご来場くださった皆様に感謝の意を表したいと思います。ありがとうございました!

また次のサークル企画としまして2014年1月に2013年の8月に行った福島視察報告会を開催する予定です。そちらのほうもぜひご参加の程よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
2013.12.24 Tue l 企画報告 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://311doshisha.blog.fc2.com/tb.php/69-f88b52a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。